スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

MTG報告091027

どうも、中西です。

昨日深夜0時にフットサルをしてきて、

まだまだアグレッシブさをアピールしていきたい今日この頃、

blog上ではお久しぶりですね。



さて、11月10日のSYMP vol.3をひかえて、

INpactは今日もMTGを行いました!

最近は次代のことを考えて極力口を出さないよう

心掛けているつもりなんですが、

何ぶんおしゃべりなタチなので、ついつい口を挟んでしまいます(汗)

目の上のタンコブ的先輩の典型ですね・・・。



今日の一冊

『組織コミュニケーション学入門』

 心理学的アプローチからシステム論的アプローチヘ
 E・M・ロジャーズ , R・A・ロジャーズ (著)
 宇野 善康 , 浜田 とも子 (翻訳)

No Imageですみません。

わたくし何を隠そう、現在卒業論文を執筆中でして、

最近読む本といえば、こういう類いの学問書なわけです。

先行研究のレビューして、前任者の理論の限界点を踏まえ、

その理論をさらに一歩進めるために自分なりのリサーチを行って

論文を書いて行くわけですが、この先行研究のレビューが全然出来ていなくて

焦って論文や本を読んでいます。

研究対象は決まっているので、基礎理論を整理して分析枠組みを早く決めてしまわないと

年末年始もゆっくりしていられないので、

早め早めを心掛けて頑張ります。

あ、内容については言及しません。

どの学問にもある入門書の組織コミュニケーション学バージョンです。

かなり古い本なので、組織論に興味がある人は

日経文庫系の本を眺めてみると良いと思います。

とりあえず、こんな本読んでますっていう程度で。。。
(次はヤスで)



今日の会議は報告とSYMP vol.3の詰め、忘年会、来年度の冊子制作

などについて話し合いました。

冊子制作の話になると「もうそんな時期か~」と

時間の流れの早さを実感してしまいます。

一昨年の冊子制作はいろいろと大変でしたからね。

一昨年の冊子のインタビュイーだった栗城さんは

今や有名人ですね。あのタイミングで直にお話が聞けた事は

本当に恵まれていました。

来年度の冊子は一体どんな中身になっていくのでしょう。

このblogを読んでくれている人にも是非意見を聞かせてほしいです。

気軽にコメントなんかしちゃってくださいね。

そして、来月に迫ったSYMP vol.3もよろしくお願いします。

申し込みがまだの方はお早めに!


それでは
スポンサーサイト
    23:06 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

SYMPvol.3開催決定!!

INpactHPご覧の学生の皆様、こんにちは!
INpactの水野です。

INpactが主催している勉強会へのお誘いです。

Sapporo Youth Meeting Project略してSYMP
3回目を開催します!

┏━━━━━━━━━━━┓
SYMPvol.3 開催決定!!
┗━━━━━━━━━━━┛

テーマ:「モチベーションマネジメント -凹むとき……ある思います!このあと何だか、いけそうなきがする~!

最近団体の集まりが悪い、いつも少数の人に負担が集中してしまう、団体でもっと高い目標に挑戦したいけど周りにやる気がない、そんな風に思ったことはありませんか?
誰もが悩むモチベーションのこと、この機会に様々な学生と一緒に考えてみませんか?



◇今回の相談者
北海道水環境ユース WACCA(元代表) / 元 INpact所属
小松 智彦(コマツ トシヒコ)
所属・学年:北海道大学工学部応用理工系学科4年

北海道水環境ユースWACCAに06年より所属。07年度にはWACCAの代表となり、
08年3月には日本青年サミットの水分科会コーディネーターを努める。
現在はモチベーションを最も重要だと考え、OBとしてWACCAをサポートする。
将来目指す職業は中学校の理科教諭。好きな両生類はカエル。

◆北海道水環境ユースWACCA HP
http://ywjs.npgo.jp/
◆学生団体INpact HP
http://inpact08.blog19.fc2.com/

◇日時
11月10日(火) 19:00~21:00
その後、ガチトーク(懇親会)を予定しております。

◇場所
【変更】 Earth cafe In the Loop(北区 北14条西3丁目)
北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟(W棟) 愛称 人文棟 (北区 北10条西7丁目)
W102教室


◇定員
先着25名

◇参加費
無料
*ガチトーク(懇親会)参加の場合は別途会費が必要です。


続いて、SYMPvol3の後に開催されるガチトークについてご案内します!


《ガチトーーク~時代をビビットに捉えたSYMPおまけ企画~》
ガチトークとは、SYMP参加者同士が楽しく、もっとお互いのことを知るための、テーマを持った、自由で、本音で語る、新しいカタチの懇親会です。

○日時
SYMP同日 21:30~23:30
○場所
 Earth cafe In the Loop(北区 北14条西3丁目)

○参加費
1500円(予定)

◇SYMP、ガチトーーク申し込み方法
件名に「SYMPvol.3参加希望」と記載して、
(1)氏名
(2)学校・学部名
(3)学年
(4)所属団体(ない場合は「なし」と記入)
(5)ガチトーーク(懇親会)の参加希望の有無
を、INpact 水野 までメールください↓↓
k.m.sapri☆gmail.com
※☆を@に変えて送信下さい。



皆さんの参加を心よりお待ちしております!!!


    02:23 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

芋パー&ワールドカフェ

こんばんは


INpactの小川です


今日は、INpactのメンバーと、
北大理学部ローンで、
サツマイモとさんまのバーベキューをしました

振り返れば、
買う物を把握できてなかったり、
炭の準備をしてなかったりと
企画部長として反省点が多々ありました

しかし、多くの参加者に「楽しかった」
っと言ってもらえたんで、
開催して良かったです

それにしても、
サンマとサツマイモを野外で食べるのは、
初めてだったのですが、
本当に美味かったです

機会があれば、
やってみる事をお勧めします

PAP_0294.jpg

PAP_0295.jpg

ただ、体や服がサンマ臭くなるんで、気をつけて下さい(笑)


バーベキューは12時~14時半までやって、
15時からは、Northpowersの武藤さんに誘われて、
北大で開催されたワールドカフェと呼ばれる勉強会に参加してきました。

勉強会のお題は「幸せな就職って何?」で、
東京で活躍されてる薬学博士の岩堀さんが、
話合いを進めてくれました。

感想・・・・・超楽しかったです

こんなに楽しい勉強会とは思いませんでした。

何が楽しかったというと、
参加者が30人くらいいて、
6人一グループに分けられるんですが、
10分に一回は、メンバーを変えて
話し合いが行われるんです!

具体的に言えば、
10分の間、一グループで話し合ったら、
グループの中で一番話した人はそのまま残って、
他の5人は違うグループに行って再び話し合い。
これの繰り返し。

なので、30人の参加者全員と同じグループになって、
考えや意見を共有できたわけです

ワールドカフェを通して、
数多くの人の考えや意見を聞くことができ、
大いに刺激を受けました。

誘ってくれた武藤さんに感謝します。
ありがとうございました

また来年も岩堀さんが来て、
ワールドカフェを開催するみたいなので、
ぜひ参加したいと思います

PAP_0293.jpg

そんなこんなで、
今日は、秋の味覚を楽しみつつ、
ワールドカフェで他大学、他団体の人と
交流できた有意義な一日でした。


それでは~
    19:45 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

エコカレッジ&飲み&MTG報告

夜分遅くにこんばんは!

只今らいちゃんとの飲み@僕のバイト先から帰りました、

自称どこでも寝れる男INpact代表のサプリです。(詳しくは本人にお問い合わせください。)


まず、とりあえず・・・

10/20、INpact函館スタッフミッキー誕生日おめでとう!!!!!!♪

函館で相変わらず元気にしてるかな!?
電話つながらず残念だったけど、また話そうな☆

誕生日のお祝いは外せないと心に決めてます!(^^)v
(お祝いコメント大歓迎です♡)

今日はいろイベントに参加出来ました。

まず、北海道グリーン購入ネットワーク事務局主催の「エコカレッジカフェ」@ITLのイベントに僕含めINpactスタッフ数人で参加させていただきました!
企業・学生問わず、多くの立場での環境についての考え方や活動について知ることができ、とても有意義なイベントでした!
主催者様、ITLさん、参加者の皆さん、ありがとうございました!!

001_convert_20091021020950.jpg



その後、MTG@Lプラでやりました!

札幌模擬国連の中島君が遊びに来てくれ、SYMP3の打ち合わせや派遣企画、忘年会などの打合せメインに自由に意見出す感じで話しました。

中島君、来てくれてありがとう!!また興味持ったらいつでも来てな☆

INpactに少しでも興味あるそこのあなた、気軽に遊びに来てくださいね(^^)
派遣企画の方もよろしくです。

002_convert_20091021021526.jpg

続いて今日の1冊↓
そうだったのか!現代史 (集英社文庫)そうだったのか!現代史 (集英社文庫)
(2007/03)
池上 彰

商品詳細を見る


その後ライちゃん、ノブさんとローソンでゆっくり、その後ライちゃんと飲みました。

やっぱ大事ですよね、呑ミュ二ケーション☆

INpactのことからお互いの人生観など、ざっくばらんに話しました。

そして函館へミッキーに会いに行くことも2人で決めましたっ!(いつ行こうかな・・・!?)

皆さん、今度時間あったら是非呑みましょう!

お誘い大歓迎で♪


てな感じの1日でした。行動、刺激、考えることも多かったいい1日ではなかったかと思ってます。

そして明日僕が寝坊せず授業行けたら無問題です(笑)

とりとめないブログですいません!

それではおやすみなさい~
    02:29 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

団体間派遣 第六弾

こんにちは


INpactの小川です


今日は10月28日(水)に団体間派遣企画に
協力して頂くGAKUWARIさんの会議概要を紹介致します。





[会議概要]

 団体の簡単な説明

自分達の手でキャンパスライフを有意義なものにするために活動する団体。
学生向けフリーペーパー「GAKUWARI!!!」の企画・編集、
学生交流イベント・合同企業説明会の主催・企画・運営など

 開催日時

毎週水曜日18時から(1時間半程度)

 開催場所

株式会社オプトプロデュース(ガクワリプロジェクト運営事務局)

会議の位置付け

GAKUWARI-PROJECTをより良いものにするためにどうすべきか

 会議の内容

・フリーペーパー「GAKUWARI!!!」のスタッフ企画ページをどのような内容にするか
・フリーペーパー「GAKUWARI!!!」の反響を出すためにどうすべきか・どう配布するか
・学生イベントの開催とどのようにコラボレーションしていくか
など






GAKUWARIさんの会議に参加したい方は、

INpactスタッフ 小川泰弘

dont.look.back.yasu.614@gmail.com

まで、
件名を「団体間派遣」として

・名前

・所属(大学 学部 学年 その他所属している団体名)

・参加したい会議を主催している団体名

を明記してメールしてください。


よろしくお願いします

    14:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

今日の会議

本当にお久しぶりです。

塩谷です。申し訳ないです。

今日久しぶりに会議に出ました。みんな優しかったです、幸せでした。生まれてきてよかったです。


「今日の一冊」やりました。

ちょっと前に流行った
蟹工船
蟹工船・党生活者 (新潮文庫)蟹工船・党生活者 (新潮文庫)
(1954/06)
小林 多喜二

商品詳細を見る



です。

プロレタリア文学と言えばこれ・・・みたいですね。

もう、怖いです。今の社会にも通じることがたくさんあります。考えさせられます。

今読むのがいい本だとお勧めします。


今日の会議は

SYMP、冊子や新歓のことなどを中心に話をしました。

SYMP vol.3を11月10日にやるので、皆さんきてください。


塩谷和樹
    21:33 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

INpact ML 利用案内 (2011年12月)

INpactメーリングリスト ご案内
INpact ML はサービスを終了しました

INpact MLは、利用の減少に伴い、2012年春頃に停止しました。
なお、2014年の Yahoo!グループの終了に伴い、すべての情報は削除されています。
以下に記載しているのは、2011年12月現在の情報です。

目次
はじめに

 INpact メーリングリスト(以下、「ML」といいます)は、学生団体INpactが、学生の情報共有の促進を目的に運営しているものです。
 登録していただくと、自分が知らせたいメッセージを300名以上の登録者にメールで伝える事ができます。
 また、他の学生から送られる様々な情報を受けとる事ができます。

 本MLには、学生の方なら誰でも登録していただけます。ここでは、登録と利用の仕方を皆様にご案内します。はじめてご利用になる方は、よくお読みください。その後も必要に応じてご覧いただくことをおすすめします。

MLに登録する

 本MLに登録(参加)するには、ML受付用アドレス
<inpactml☆gmail.com>
に次のように、登録希望のメールを送信します。("☆"は"@"(半角)に置き換えてください。)

宛先: inpactml☆gmail.com
件名:ML登録希望
本文:
  • 氏名(本名をフルネームで)
  • 学校名、学部等の名前、学年
  • ML受信に使用したいメールアドレス <携帯アドレス不可>


 氏名は、登録の管理上、また学部や学年の情報は、年度末の更新/退会処理で必要なため、記入をお願いしています。
 なお、本MLへの登録の際に記入いただいた情報は、ML運営の管理以外の目的には使用しません。

 本MLの運営にはYahoo!グループを使用しています。INpact側では、登録希望メールを確認次第、希望者の情報をYahoo!グループに登録します。
登録が完了すると、その旨を通知するメールが、登録されたアドレスに届きます。メールが届いたら、MLの投稿・受信ができるようになります。

 なお、2009年7月より、Yahoo!グループが「掲示板」という呼称を使うようになりましたが、INpactでは引き続きメーリングリストとして使用します。

MLに投稿する

 登録者は、MLにメールを投稿(送信)して、他の登録者宛に情報を伝える事ができます。積極的な投稿をお待ちしています。

方法

 投稿する際は、件名・本文に投稿したい内容を記載したメールを、投稿用のアドレスに送信してください。
 投稿用のアドレスは、登録通知メールや、MLから配信されたメールに記載されています。

条件

 投稿するMLの内容には、5つの条件があります。

  • 「学生向けの情報であること」
  • 学生にとって有益な情報をどんどんお寄せください。

  • 「運営主体は(原則)学生」
  • 原則として、投稿する情報の関連するイベント等の実施する主体は、学生学生中心の組織のものにしてください。
    「(学生主体ではない)NPO等の、営利を目的としない組織が主体又は「営利企業が共催の場合もほとんどの場合配信いたします。
    学生が関与していても、主催が営利企業の場合、投稿をお受けできません。

  • 「非営利であること」
  • 原則として、投稿する情報は営利(儲け)を伴わないものをお願いします。
    なお、参加料、入場料、企業協賛などのやりとりがあっても、組織の運営に必要な範囲内で行われるものは営利ではありません。

  • 「勧誘はできません」
  • 本MLを、団体等のメンバー募集に使うことご遠慮ください。
    ただし、イベント等の告知に付随して、当日スタッフの募集をすることはできます。

  • 「ファイルの添付はできません」
  • 添付ファイルは配信されません。ご了承ください。

投稿のヒント

わかりやすいメールにするために、次の2点をぜひご確認ください。

1.日時・場所などの基本的な情報を文中に記載する。
 MLの中で、「詳しくはHPをご覧ください http://~」等と書いて、リンク先に誘導するようにしていただいても構いませんが、
『イベント等の日時』『場所』『参加条件』『費用』『募集締切』などの基本的な情報は、メール本文にも記載をお願いします。

2.URL・メールアドレスの前後に半角スペースを入れる
Yahoo!グループのバグで、書き方によってアドレスの範囲が誤認識されるようです。

例)
詳しくはhttp://inpact08.blog19.fc2.com/をご覧ください

詳しくはhttp://inpact08.blog19.fc2.com/をご覧ください

お問い合わせはinpactml☆gmail.comへどうぞ!
Mail:inpactml☆gmail.com

(何れも実際は☆→@)

お問い合わせはinpactml☆gmail.comへどうぞ!
Mail:inpactml☆gmail.com

このように正しいリンクに飛べず、閲覧者にとって不親切な状態になります。

担当者が見つけ次第修正していますが、全てチェックできるとは限らないのでなるべく投稿前に修正願います。

なお、 inpactml☆gmail.com ("☆"は"@"(半角)に置き換えてください。) のように、メールアドレスの@を置き換えて記入する書き方がありますが、 これはHPやブログ上を巡回する「(迷惑メール業者用)メールアドレス収集ロボット」対策です。 メール中に書き込む場合、迷惑業者に対して閉じた空間でやりとりするので、置き換えは必要ありません。

確認と時間差

 投稿されたメールはすぐには参加者には配信されず、一旦留め置かれます。INpactの担当者が確認した後に配信されます。
 投稿の条件を満たすかあいまいな場合は当方で判断しますので、気軽に投稿してください。

一連の処理は迅速に行うよう努めますが、

  • 投稿者がメールを送信してから、担当者のメールサーバに届くまで <システム上>
  • 担当者がそのメールを受信・閲覧し、配信の操作をするまで <人的操作>
  • 担当者が配信操作をしてから、参加者のメールサーバに届くまで <システム上>
  • 参加者が、実際に閲覧するまで <人的操作>

それぞれのステップにある程度の時間がかかります。
 所要時間は、担当者やシステムの都合により毎回異なります。
また、内容に不備がある場合、担当者から送信者に補足のお願いをする場合もあります。
 こうした時間差を考慮の上、時間に余裕を持った投稿をお願いします。
目安として、受信者に届くまで少なくとも1,2日を見込んでおいてください。

参考:タイムラグの例(別ウインドウで画像を表示)

 たくさんの投稿をお待ちしています。

MLを受信する・見る

 投稿されたメッセージは、自動的に参加者にメールで送信されるので、メールをチェックすることでこれを読むことができます。

 また、その年度の過去のメッセージはすべて蓄積されています。本MLに登録済みで、Yahoo! JAPANのアカウントをお持ちの方は、ログインしていただくと過去のメッセージを全て読むことができます。閲覧するには、配信されたMLメッセージの左上に記載されている、「掲示板」というリンクをクリックして下さい。

 パソコン用のメールを携帯電話で受信している方は、寝ている間に着信音で起こされないようご注意ください。
 上で触れたように、本MLの配信には時間差が生じます。また、一般に(携帯以外の)電子メールは、時間帯を選ばない通信手段として使われています。MLからのメールも、深夜に届く場合があることを予めご承知おき下さい。

ガクメル北海道との相互利用について

INpact MLでは、ガクメル北海道と共通で運用しています。

皆様がINpact MLに投稿したメッセージ:
INpact MLの参加者だけでなく、ガクメル北海道の登録者にも配信されます。

ガクメル北海道に投稿されたメッセージ:
INpact MLに参加の皆様にも届けられます。

投稿者が参加していない側のMLへは、投稿者側のMLより遅れてメールが届きます。1, 2日遅れて届くこともあります。
INpact MLとガクメル北海道の両方に登録いただいた場合、メールが重複して届きます。
双方のメーリングリストの運用基準やポリシーに従って運用するため、一方のMLでしか情報が流されない場合があります。

MLを退会する

 本MLの参加者は、いつでも退会することができます。
 退会を希望する方は、ML受付用アドレス
<inpactml☆gmail.com>
に退会希望のメールを送信してください。("☆"は"@"(半角)に置き換えてください。)

宛先: inpactml☆gmail.com
件名:退会希望

本文:
  • 氏名(本名をフルネームで)
  • ML受信に使用したいメールアドレス <携帯アドレス不可>
  • 「退会したい」旨の記載(←担当者が登録希望メールと勘違いしないよう、本文への記入をお願いします)

もしよろしければ、退会を希望する理由なども教えてください。

 担当者が確認次第、MLの登録を解除し、管理用のリストから登録情報を削除します。

 また、本MLは年度毎に更新します。
 すでにご登録いただいている方で、卒業・修了年度でない方は、翌年度も自動的に継続登録されます。
 卒業・修了年度の方には、進学等の有無を確認するメールをお送りします。翌年度も学生の方は、これにお返事いただくことで、引き続き登録することができます。特に連絡がない場合、その年度限りで登録が解除され、管理用のリストから登録情報が削除されます。

その他

 このガイドラインは、変更されることがあります。
 変更した場合は、MLにて速やかに参加者の皆様にお知らせします。

2010年10月1日

2011年12月1日 改訂
学生団体 INpact

    00:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
UNIQLOCK
学生団体 INpact 連絡先
RSSフィード
ブログ内検索
QRコード
ケータイで見る場合はこのQRコードをご利用下さい!
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。